韓流ラブストーリー 「犬とオオカミの時間」※年を重ねた50代が深い感動を頂きました!

イ・ジュンギなのかスヒョン(ケイ)なのか、犬なのかオオカミなのか??配役になりきる俳優、イ・ジュンギの名作の一つです!

あ〜 ホントに久しぶりに会った初恋の人に胸がキュンとして、心のどこかに彼が住んでいたことを再認識してしまったってそんな感覚なんです。この気持ちわかっていただけますか〜?ポッ///

今回ご紹介するこのドラマ「犬とオオカミの時間」は今から10年も前の2007年に韓国MBCで製作されたイ・ジュンギさん主演の韓国ドラマなんですね。だから、今見るイ・ジュンギさんとは違い、若い! です。今30代後半に入り、大人になったイ・ジュンギさんの演技も素敵ですけど、若いイ・ジュンギさんのアクションや情熱的な演技が満載のこの作品は、私が大好きな作品の一つです。

このドラマを初めて見た時も、かなり、いやどっぷりとイ・ジュンギという俳優が演じた主人公スヒョン(ケイ)にハマってしまったのですけど、今回もかなり、ドキドキしてしまいました!!
何年たっても何度見てもおもしろいドラマってありますよね!
この記事では、韓国ドラマ「犬とオオカミの時間」の感想をお伝えしたいと思いますw

韓国ドラマ「犬とオオカミの時間」のあらすじ(ネタバレ)は?

さて、このドラマ題名だけ、見ても どんな内容なのかさっぱりわかりませんよね。
私がはじめて、このドラマを見たときもそうでした。 
でも、回数を見ているとこの言葉の意味がわかってくるんですが、ちょっとネタバレしちゃいますが、あらすじと見どころをお話ししますね。

内容は簡単に言うと、復讐ものです。

スヒョンの母親は検事で、チンバンという東南アジアで躍進を続ける犯罪組織の撲滅にかけていて、息子のスヒョンを連れてタイに滞在していました。実はスヒョンの父親もこの事件を追い、チンバンで潜入捜査をしていて殉職しているんです。そんなことは知らされず、母親と暮らしていたスヒョンは、ある日アリという少女に出会い、淡い恋心を抱きます。でも、アリは両親の離婚でタイを離れることに。スヒョンはお別れに自分で掘った木彫りのゾウをあげて、再会を約束します。その後、スヒョンの母親は犯罪組織から報復を受け、スヒョンの目の前で殺されてしまう悲劇が起こり、スヒョンは孤独な身の上に。
その後、母親の友人であった国家情報院(NIS)に努めるカン・ジュンホ(イ・ギヨン)に引き取られ韓国に戻ったスヒョンは同い年のミンギ(チョン・ギョンホ)と兄弟のように育ちます。大人になり揃って父親と同じ国家情報院に入ります。

ある日、スヒョンは、ミンギに頼まれジウ(ナム・サンミ)という女性に会いに行きます。その女性は、タイで別れた初恋の女の子だったのです。ミンギは彼女に恋心を抱いており、スヒョンとジウは、初恋の人に出会った懐かしさから友人のように付き合いだすのですが、お互いの気持ちに気付き始めた頃、再びスヒョンの悲劇的な運命が動き出します。

国家情報院で海外第一チームという第1戦で活躍する部署に配属されたスヒョンは、麻薬取引の潜入捜査で、母親を殺した犯人と同じ気配を感じます。犯人を追い、命令に従わなかったスヒョンは、処分されることに。そして、彼はある決断をして、育ててくれた家族や大切に思う彼女の元を離れ、母親を殺した犯人への復讐という孤独な戦いに一人挑みはじめたのです….というのがあらすじなんですけど!!
ちょっとネタバレが多すぎましたかね….ゴメンナサイませ〜

主要キャストとしては、
スヒョン(ケイ) イ・ジュンギ  母親を殺した相手に復讐することに人生のすべてをかける男。アジアの犯罪組織チンバンに潜入する捜査員。
ジウ (アリ)  ナム・サンミ  スヒョンがタイで出会った初恋の女の子
ミンギ     チョン・ギョンホ スヒョンを引き取った母の友人の息子。スヒョンと兄弟のように育ったが、ジウをめぐり三角関係に陥る。

の3人ですが、 そのほかに目立つ存在といえば、
スヒョンが復讐するチンバンの重要人物 マオ(チェ・ジェソン)ですね。この方実は、ジウの実の父親なんですね。それで話がさらに複雑になって行くんですよww すごい存在感のある方です〜!!

韓国ドラマ「犬とオオカミの時間」の感想は?チラチラするラブ要素に
ドキドキ!

この作品はとにかく、復讐もので結構ドロドロとした内容なので、ホッとするようなラブストーリー的な展開はありません。でも、スヒョンとジウの恋は、ストーリーの中にチラチラと入ってくるので、それがまたドキドキ要素の一つでもあるんですね。///復讐ものどっぷりではなくて、ラブ要素も含みながらストーリーが展開して行きます!

スヒョン(ケイ)になりきる俳優イ・ジュンギの迫力ある演技とアクションに惚れ惚れ〜!!

そして、これがきっと私がこの作品が心にとても残った理由なんだと思うのですが、

イ・ジュンギさんが演じている主人公のスヒョンですが、ストーリーを追うごとに違う人の
ように表情や性格が変わるんです。スヒョンは、潜入捜査の途中で記憶喪失になり、ケイと
いう人物になってしまうのですが、その他にも,,,

国家情報院のエリートとして仕事を始めたスヒョン 
犯人の気配に気づき、復讐しようとするスヒョン 
復讐に失敗してある計画を決意したスヒョン、
ケイという名前の人物になり、チンバンで潜入捜査をするスヒョン
海から落ちて記憶を失い、ケイになってしまうスヒョン
スヒョンであったことを思い出したケイ
ケイを演じながら潜入捜査を続けるスヒョン

復讐が終わり、世界各国で活躍する潜入捜査員のスヒョン

ドラマを見てもらえればわかるのですが、それぞれに風貌も服装も話し方も目つきまで違います。その演じ分けがすごい! ド迫力なんです。演じる配役の人物そのものになりきっている感が満載です。

そして、アクション、特に回し蹴り!! がすごくカッコよくて!!//
その後、たくさんのドラマを見ましたが、スヒョンほどかっこいいと思う回し蹴りをする人はいませんでした!! すいません、個人的な意見です。汗。

とにかく、イ・ジュンギなのかスヒョン(ケイ)なのか、犬なのかオオカミなのか??
配役になりきる俳優イ・ジュンギの「犬とオオカミの時間」何年たっても、何度見ても
おもしろいです。ドキドキします。惚れ惚れします!! この作品はイ・ジュンギさんの名作の一つです!!

エンディングの余韻も、楽しみの一つに!

そして、もう一つ私がこだわるのがドラマのエンディングです。ハッピーエンドで終わるもの、悲劇で終わるもの、日常何も変わりなく終わるもの、と色々ですが、私は余韻を残す終わり方が好きです。

心を通いあわせながら結ばれなかった2人がいつかどこかでまた会える、約束はなくても
そういう余韻を残したようなエンディングです。

このドラマもそういう終わり方をしています。復讐のすべてが終わり、年月が経ち、再びスヒョンが現れた場所は、思いもよらない場所で,犬とオオカミの時間という題名の理由も最後まで見たら、よくわかりますね〜。

と、いうことでオススメ韓国ドラマ「犬とオオカミの時間」の感想はこの辺で,おしまいです。

気になった人は、是非是非見てみてくださいね〜。

… … ・・・ ・・・ … …
【PR】
動画が、一ヶ月 まるっと見放題!
「ヨングァンさまの ウチに住むオトコ」に只今、私はハマってます。

ちなみに・・・、最新雑誌も「無料で読み放題」です


正会員のサービスが、今なら丸々1ヶ月楽しめます。

お試し登録で韓ドラをまったり見てみる♪

もっと詳しく「サービス」について知りたい方はこちら┃「当サイトTOPページ」
… … ・・・ ・・・ … …

コメントは受け付けていません。