韓流ドラマ「お父さんが変」★20代も感動した胸キュンストーリー┃感想とあらすじ

今回紹介したいドラマは全52話で2017年8月に放送終了してた週末ドラマ「お父さんが変」という作品です。

家族の内容がメインとなっている作品は視聴者が 30~40が多いですが、この作品は高校生から高年齢者までの多い年齢層のファンを持っている作品です。

最高視聴率が 36.5%だったこの作品は、放送している時にとても話題になっていました。

家族の内容が中心になっていて、胸キュンラブストーリーもちょこちょこ入っているとても暖かい作品だと思います。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像1

キャスト

メインキャスト
お父さん(ビョン・ハンス)役: キム・ヨンチョル
お母さん(ナ・ヨンシル) 役: キム・へスック
長女  (ビョン・へヨン)役: イ・ユリ次女
彼氏(チャ・ジョンファン)役: リュウ・スヨン
俳優  (アン・ジュンヒ)役: イ・ジュン
次女  (ビョン・ミヨン)役: ジョン・ソミン
長男  (ビョン・ジュンヨン)役: ミン・ジヌン

以下はネタバレ入りの感想となります。

「お父さんが変」というテーマのお父さんビョン・ハンスはただ長男、三人姉妹、奥さんと住んでいる大家族のために生きている韓国の模範的なお父さん、息子一人と三人の娘と奥さんと暮らしています。

ハンスの元の名前はい・ユンソクです。若者時代に柔道選手だったユンソクは暴力現場を見かけ、静かに警察に電話した後、犯人たちが帰った後現場に戻って被害者を助けようとしている時に警察がきて、濡れ衣をかぶるような状況になっていました。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像

3年懲役を受け、犯罪者という名を避け、新しく生きるために友達ビョン・ハンスとアメリカに移民を決めます。そこで爆発事件があってハンスは死んでユンソクは生き残りました。でも、ハンスとユンソクは事件がある前にお互いの服を換えて着ました。

救った人たちはハンスの身分証がある服をきたユンソクがもちろんハンスだと感違えたのです。その時点ハンスの彼女のナ・ヨンシルは妊娠中だったので、子供のために犯罪者のユンソクではないハンスの身分のまま生きていくのに決めます。

ハンスになったユンソクは自分の身分まで隠して心煮詰ながら生きていく苦難な人物です。それで、自分をお父さんとして探してきたアン・ジュンヒは実際に友達の息子なのです。

ビョン・ハンスという名前で生きているイ・ユンソクなのです。でもハンスはジュンヒを自分の息子として受け入れます。ハンスとして生きている罪悪感を代わりに父の愛をジュンヒにあげています。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像3

視聴者の年齢層を低くしていたのが現実にもアイドル出身俳優のイ・ジュン様のおかげもあると思います。

ちょっと気難しい性格ですが、子供の時からお父さんがいなくてその傷が大きくて、それを乗り越えるために心の傷を自分で癒そうとしながらお父さんを探す人間的で魅力があるキャラクターです。

最初は性格がちょっと子供っぽく、わがままだと思われるんですが、全てその理由です。元々はお母さんとお父さんの主人である外国人の父と外国で住んでいましたが、韓国でアイドルデビューして俳優になってドラマを撮影する時に、父子の感情を演技するために本当のお父さんを探していました。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像4

長男ビョン・ジュンヨンは 5年目9級公務員試験を準備しています。ちょっと突拍子もない性格で気が弱そうな感じだが、特に彼女にとても優しいタイプ。次女の高校同級生である彼女キム・ユジュウと結婚したいのに妹のミヨンが反対しています。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像5

長女のビョン・へヨン、兄弟の中で一番頭がよく成功していると言えます。小さな食堂をやりながら貧しく 4兄弟を育てた両親の下で、一生懸命勉強して有名な法律事務所の弁護士になった努力家。自己中心で冷徹的な性格で毒舌ばかりだが、決定的な瞬間にいつも問題を解決する強い姉さん。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像6

大学時代に別れた元カレチャ・ジョンファンと再会して、独身主義者だった彼女に結婚という新世界に直面します。地味で特徴がない次女ビョン・ミヨン、でもいい性格、大食家、生まれつきの骨格が頂点。入ったばかりの有名なエンターテイメント会社で、学生時代に柔道をやめた後遺症で空虚な心を運動せず食べることに満たして肥満だった時、いじめを主導した同じクラスの同級生キム・ユジュウに会社の上司として遭遇します。

ユジュウは自分の彼氏の妹がミヨンだとは想像もしていなかったので、会社の中でもミヨンをいじめます。ユジュウが兄の彼女のことを知っているミヨンが兄の結婚を反対した理由です。

そこで、性格があってない同じ会社の俳優アン・ジュンヒの担当マネージャーまでなったミヨンは会社のインターン生活がなかなか順調ではなさそうでした。

以上がメインとなっている登場人物の基盤としているストーリーです。

韓流ドラマ「お父さんが変」┃キャプチャー画像7

ストーリーが展開し始めると思うところは、ミヨンがジュンヒのマネージャーとして一緒に働いてる時に二人の中でふわふわな恋愛の香りが出始めているところです。

ジュンヒがビョン氏の家で生活しながらミヨンと仕事している中で、自分がミヨンを好きになったことを知って好きにならないように努力している時に、家で偶然にハンスの若者時の写真を見て、自分が母から見た父が若者だった写真と違うことを知って、遺伝子検査をした結果、自分の本当の父じゃないことを知って、ハンスはジュンヒに嫌われます。

奥さんしか知らない本当の身分をもう隠すことができないハンスは、他の家族にと警察に報告します。

20年も経っていて解けてない事件だったので、へヨンがハンスの弁護士になることにします。やはり能力があるへヨンのおかげで、無実の罪を抜け、ハンスは 20年ぶりにい・ユンソクに戻りました。

ジュンヒを好きなんをずっと否定してたミヨンも、異母兄弟ではないことを知ってたジュンヒもお互いの真心を確認し、結婚というゴールに向かいます。

ハンスはとても優しい人なのに、どうしてこういう不幸なことが起きるのでしょうか。

見てる時にずっとかわいそうでした。アン・ジュンヒというキャラクターもとても魅力的で、やはり一番好きだったキャラクターはビョン・へヨンです。ドラマではなかなかいない強力なセリフと物事をスッキリ解決する性格で、私もこんなお姉さんがいたらいいなと思います。

細かい演出やセリフまで面白く表現していて、感動も面白さも緊張感も全部あった作品です。

コメントは受け付けていません。